風評被害が起こる理由とその危険性、またその対策

admin   2015年9月1日   風評被害が起こる理由とその危険性、またその対策 はコメントを受け付けていません。

「風評被害」ってよく聞くけど、いったい何か

「風評被害」という言葉を東日本大震災以降よく耳にするようになりましたが、「風評被害」という言葉のもともとの意味は何なのでしょう。辞書では「根拠のない噂のためにうける被害」とされています。この「被害」には経済的損失の有無は関係ありません。なので「風評被害」と聞くと経済的なことを思い浮かべてしまいますが、学校や職場で起こる事実無根のいじめなどもこれに当たるのです。風評被害は名誉毀損にもつながって、裁判で争った事例もあります。

風評被害が増加した背景と風評被害はなぜ起こるか

風評被害の件数は過去10年で5倍に増加しました。その背景にあるのはインターネットの普及です。インターネット上に流れた情報は半永久的に流れ続けることは多くの人が知っていると思います。その理由はインターネット上に流れた情報は簡単にコピーされ拡散されてしまうからです。そして、人間の心理として多くの人が正しいと信じ込んでいることは、たとえ間違いであっても信じて拡散してしまう一面があります。このような過程を経て、単なるうわさが風評被害に変わっていくのです。

風評被害への立ち向かい方と対策

実際に風評被害にあった時の対処法としては限られています。最も有効な手段は1つ1つネット上の書き込みを削除していくことです。時間こそかかりますが、多くの人がインターネットで情報を得る現代において、とても効果的です。また、情報の削除を専門に行う業者も存在しますので、このような機関に頼むと、短時間で確実に情報が削除され、風評被害を食い止められますよ。自分のサイトなどを多く持ち、正しい情報を流し続けることも大切です。

風評被害対策は、一般企業においても万全に取り組むことが勧められており、コンピュータや法務などに詳しい外部の専門家の助言を受けることが大事です。