クラウドサービスの種類と意外と知られていないサービス

admin   2015年8月29日   クラウドサービスの種類と意外と知られていないサービス はコメントを受け付けていません。

クラウドサービスの違いとは

クラウドサービスの違いは、ソフトや容量、その他汎用的な使い方が出来るかなどです。メールサービスもクラウドサービスを使うことが一般化していますが、それでもサービスによって利便性、メリットなどは異なる事がほとんどです。すでに浸透しているサービスほど使い勝手は良い傾向にはありますが、サービスというのは個性的であれば有るほど人を選ぶ事もあるので注意すべき要素も増えるものです。特にビジネスでクラウドを使う場合はリスクリターンを考慮しないといけませんよ。

意外と知られていないクラウドサービス

クラウドサービスは多種多様にあり、意外と知られていないのが情報を共有できるサービスです。文章、画像、動画などを保存することに特化したサービスは意外にも多く、メリットとしてハードディスクの代わりに使える事があります。つまりパソコン、外付けハードディスクなどが壊れたとしても、クラウドサービスであればデータが壊れるということは無いのです。これは多くのクラウドに言えることで、活用すればパソコンで保存したデータをスマートフォンなどで閲覧、編集することもできます。

クラウドサービスの利用方法

利用方法はサービス次第ですが、大抵は会員登録が必要であったり、メールアドレスを使って登録するシステムが多いです。最終的にはIDとパスワードを発行してもらい、それを使ってログインすることでサービスが使えるようになります。IDとパスさえあればデバイスに左右されず使えるといったサービスもあるので、記憶しておくと利便性が高まる事もありますよ。ちなみに、IDなどを忘れたとしても登録時のメールアドレスさえ覚えていればパスワードは再発行してもらえることがほとんどです。

クラウドサービスはデータをしっかりと保管してくれて、色々な端末からアクセスをすることが出来るので、作業や趣味をより充実させてくれます。